So-net無料ブログ作成

男の出張・・・アメリカ カリフォルニア州 2015 Part12 [スポーツ]


こんにちはー!


前回の「Part 11」に続きまして・・・





モール内にあったスポーツショップに行って来ました。

 

今は昔・・・

今は日本にもありますが、


約20年前に初めてロサンゼルスで同じようなショップに入った時は
とても感動したのを今でも鮮明に覚えています   


  
 
P1060121-1.jpg
「スポーツオーソリティ」[るんるん]  日本にもありますね[るんるん]




DSC_0714-1.jpg
シューズのディスプレイよりも箱に入ったままのでディスプレイが多い[るんるん]




DSC_0715-1.jpg
アメリカでの自転車売り場はこんなディスプレイが結構多い[るんるん]




DSC_0716-1.jpg
店内は広い[るんるん]




DSC_0717-1.jpg
卓球台(見本)やビリヤードやダーツががありますね[るんるん]




DSC_0718-1.jpg
バスケットボールが色々[るんるん]  バスケットゴールもありました[るんるん]




DSC_0719-1.jpg
バレーモールも色々、屋内用、ビーチ用[るんるん]




DSC_0721-1.jpg
ゴルフ用品コーナー、タイヤのついたカートを手で引っ張ってプレーするのが主流です[るんるん]




DSC_0723-1.jpg
ボート、リュックサック、カバン[るんるん]





DSC_0722-1.jpg
アーチェリーやスポーツガン、ゴムボート・・・アメリカらしい[るんるん]




DSC_0014-1.jpg
普通のガンかと思ったら[がく~(落胆した顔)]・・・スポーツのひとつですからね[るんるん]





DSC_0726-1.jpg
アウトドア-用品[るんるん]




DSC_0725-1.jpg
シュラフ[るんるん]




DSC_0727-1.jpg
使用用途、温度帯についてのマークの説明表示ですね[るんるん]




DSC_0002-1.jpg
cool用(華氏40℉ = 摂氏4.5℃)[るんるん]




DSC_0003-1.jpg
トランポリンやリクライニングチェアーなど[るんるん]




DSC_0004-1.jpg
キャンプ用品、日よけのテントですね[るんるん]




DSC_0015-1.jpg
テントの見本[るんるん]  こういうのを見ると買いたくなる[るんるん]




DSC_0007-1.jpg
カヤック用品でしょうか[るんるん]




DSC_0011-1.jpg
フィットネスコーナー[グッド(上向き矢印)]




DSC_0008-1.jpg
トレーニングジム用品をご家庭でも[るんるん]  アメリカ住宅はマンションでも広いから[るんるん]




DSC_0012-1.jpg
本格的・・・アメリカ人の体格に納得[るんるん]




DSC_0010-1.jpg
こういうの欲しくなる[るんるん] モデルの体つきになれると思って惹かれるんでしょうね[るんるん]




DSC_0009-1.jpg
通販番組に出てきたらすぐに買ってしまいそう[るんるん]




DSC_0013-1.jpg
この景色は日本と変わりませんね[るんるん]




DSC_0016-1.jpg
サポーター[るんるん]




DSC_0017-1.jpg
レジ前には小腹用のチョコレート[るんるん]




DSC_0019-1.jpg
日本でも流行ってきているプロテイン含有菓子[るんるん]




かなり感動するんですよね[ぴかぴか(新しい)]

商品とその見せ方、
なんか日本とは違う雰囲気[わーい(嬉しい顔)]
 

日本にないものを見ることが出来て感動出来て・・・『 感 謝 』[ひらめき][exclamation×2]


  
 
  にクリックお願いしまーす!



nice!(27)  コメント(3)  トラックバック(1) 

nice! 27

コメント 3

北海道大好き人間

日本でも大型のスポーツ用品店が数ありますが、陳列の方法は此処をまねていますね。さすがにモデルガンは法律が厳しいので置いてありませんが。

シュラフのパッケージとかにある気温表示、アメリカでは華氏ですが、一般的には摂氏ですので、「華氏何度が摂氏何度(逆も同じ)」なのか混乱を来しそうです。
以前の記事にあった飛行機の現在地の表示でも外気温が出てきますが、こちらは華氏と摂氏の両方が併記されています。それを見ますと、4月でも-30℃位の中を飛行機が飛んでいるわけです。4月でこれですから、真冬にはもっと低い気温になることは容易に想像できます。
参考までに書きますと、私が羽田と新千歳との往復に乗っているAIR DOの機材でこれが表示されるのはボーイング737型機のみで、大型の(AIR DOとしては)767型機では表示されません。その767型機も、導入から年数が経っているので、近い将来別の機材に切り替わると思いますが。

>通販番組に出てきたらすぐに買ってしまいそう
実際に通販番組で放送・販売している(していた)かも知れません。
バックがモノトーンで外国人モデルが実際に使う様子を映す形で。
この撮影方法は、外国の商品では大体共通ですね。

ショッピングセンターやショッピングモールで中核をなす店舗では、天井が高く通路が広いというのが特徴で、圧迫感や狭さを感じさせない造りになっています。日本でも、郊外型のホームセンターではそれをまねています。反面、トイレは店舗の片隅に一箇所のみが殆どですので、入店したらすぐに用を足すとか(笑)、買い忘れがあって戻るのが大変だったりします。

by 北海道大好き人間 (2017-05-10 20:46) 

ロス

北海道大好き人間さん!

アメリカ出張では会話の中で気温の話が出て来ても良いように
例えば摂氏10℃、15℃、20℃、25℃、30℃の華氏温度を頭に入れておいて商談をします。

さすがっ、飛行機のことは本当にお詳しいですね!!
外気温表示がある機材だと、時々、かなり寒い空を飛んでいることに驚くことがありますね。

通販番組で昔はすぐに電話して、スポーツ用品に限らず、よく色々なものを買いました(笑)

ショッピングセンター、大きなお店は海外でもトイレが少なく、
当然、気が付くと遠い場所にあって焦る時が多々あります。
入店したらすぐに場所を把握するか、すぐに用を足すようにします(笑)(^^♪

by ロス (2017-05-12 15:22) 

北海道大好き人間

私は殆どAIR DOにしか乗らないのでその機材に限って話をしますと、此処で運航しているのは737(700型機)と767(300型機)の2種類のみです。
どちらもモニターはあるのですが、737は天井への収納型です。外気温(現在地)表示の他に、離着陸の際にコックピットからの映像が映し出されるのも737のみです。
もう、両手両足の指でも数え切れないほど羽田と新千歳の両空港を利用していますので、自分が乗っている飛行機がどの滑走路から離陸もしくはどの滑走路へ着陸するのか、外の景気を見ただけでわかります。

個人的には、共同運航しているANAの787に一度乗ってみたいのですが、あれだけ発着便が多い新千歳便でも、一日に2往復くらいしかしていません。まあ、1年間に1000万人搭乗したことがある世界一のドル箱幹線ですから、777(昔ならば747=ジャンボジェット)みたいな大型の機材を飛ばしても採算に合うからではないかと推測されます。実際、AIR DOでも小型の737が飛ぶのは、日に12往復中4往復のみです。採算が合えば、全便767でもいいかと思うのですが。

大型のショッピングセンターに限らず、旧来のデパート等もそうですが、一定の広さ以上の床面積且つ非常口を除く通常の出入口が複数箇所ある大型店舗の場合、その出入口から何m以内にトイレを設置する様に法律で義務づければいいかと思います。
ただでさえ、何処にあるのかわかりにくいこともありますし、出入口が何箇所もある様なところではなおさらだと思います。
たまに、この記事にある様な大型ショッピングモールとかに初めて入りますと、まず、自分の現在位置がわからないですし、帰る際にも、入ってきた出入口に戻れなくなって迷子になりそうなこともあります。
ましてやトイレは「緊急事態」ですから(笑)、出入口付近にあれば迷わないと思いますね。

by 北海道大好き人間 (2017-05-14 13:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。